2015年5月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ジェネリック薬品のレボフロックス

レボフロックスは、細菌を殺すお薬である抗生物質である、クラビットのジェネリック医薬品に当たるお薬で、主に錠剤の形式で販売されております。
錠剤として服用するために、その効果は全身に作用し、また広範な細菌群に適応できるために、様々な症状に適応が可能です。
一般的な最近による風邪や、細菌性食中毒による腹痛、また細菌性の性病などにも効果を発揮します。
その反面、ウイルス性によってこれらの症状が出ている場合は服用しても効果がありませんので、今出現している症状が何に由来するかを特定するためには一度医師の診察を受けて検査を受ける必要が出てきます。
副作用としては、腸内に生息している善玉菌もまとめて殺菌してしまうために、おなかが緩くなりやすいということが挙げられます。
このような副作用が現れた場合は早めに使用をやめるようにしましょう。
また、このお薬は、あくまでジェネリック医薬品ですので、錠剤中に含まれている有効成分含量や、お薬の体の中へのとりこまれ方は全く変わりません。
このため、同じ効果が期待できます。
唯一異なる点としては、添加物が異なるため、トウモロコシなどの食品に対してアレルギーを有している方は、服用する前に添加物を調べてみるとよいでしょう。
レボフロックスは、残念ながら海外で製品化されたお薬であるため、日本の中では購入することができません。
日本で販売するための厚生労働省の認可が下りていないのです。
しかし、それでもこのお薬を手に入れる方法はあります。
それは、個人輸入代行業者などを利用して海外で販売されている製品を日本に持ってきてもらうという方法です。
この方法ですと、輸入という行程を取るために、輸送費がかかりますが、基本的にジェネリック医薬品ですので、それでも比較的安価に手に入るという特徴があります。
また、この方法ですと、医療機関を受診せず、処方箋も発行することなくお薬を手に入れることができます。
というのも、そもそも日本で認可されている医薬品ではないために、逆に処方箋を発行してもらったとしても手に入れることができないという特徴がります。
しかし、海外では認可されており、有効成分自体も全く同じであるために、有効性及び安全性という点に関してもほとんど問題ありません。
もちろん、使用に関しては自己責任の範囲内で行うということになりますが、基本的に同じ有効成分であるクラビットの添付文章を参考にして用法と用量を守って使用していれば特に問題がないのです。